「ほっ」と。キャンペーン

タグ:1NIKKOR 30-110mm ( 42 ) タグの人気記事

シャガの花---小石川後楽園にて




シャガ(射干、著莪、胡蝶花、学名:Iris japonica)は、アヤメ科アヤメ属の多年草である。

人家近くの森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに群生する。開花期は4 - 5月ごろで、白っぽい紫のアヤメに似た花をつける。花弁に濃い紫と黄色の模様がある。根茎は短く横に這い、群落を形成する。草丈は高さは50 - 60 センチ・メートル程度までになり、葉はつやのある緑色、左右から扁平になっている。いわゆる単面葉であるが、この種の場合、株の根本から左右どちらかに傾いて伸びて、葉の片面だけを上に向け、その面が表面のような様子になり、二次的に裏表が生じている。

学名の種小名はjaponica(「日本の」という意味)ではあるが、シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物である。三倍体のため種子が発生しない。このことから日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に行われたと考えることができる。したがって、人為的影響の少ない自然林内にはあまり自生しない。スギ植林の林下に見られる場所などは、かつては人間が住んでいた場所である可能性が高い。そういう場所には、チャノキなども見られることが多い。中国には二倍体の個体があり花色、花径などに多様な変異があるという。東京都でレッドリストの準絶滅危惧種に指定されている[1]。

また、シャガを漢字で「射干」と書くことがある。しかし、ヒオウギアヤメ(檜扇)のことを漢名で「射干」(やかん)というのが本来である。別名で「胡蝶花」とも呼ばれる。

ウイキペデイアより



1.
c0236843_2116764.jpg











2.
c0236843_2119853.jpg











3.
c0236843_21194558.jpg












4.
c0236843_21205053.jpg









場所 小石川後楽園

撮影日 2012(平成24年)4月30日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-15 19:00 |

牡丹の花---小石川後楽園にて




原産地は中国西北部。元は薬用として利用されていたが、盛唐期以降、牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好されるようになった。たとえば、『松窓雑録』によれば、玄宗の頃に初めて牡丹が愛でられるようになったものの、当時は「木芍薬」と呼ばれていたと記載される[1] 。また、隋の煬帝や初唐の則天武后が牡丹を愛でたという故事がある。ただし郭紹林はこれらの故事を慎重に検討し、虚構であると結論づけている[2]。 清代以降、1929年までは中国の国花であったとされることもあるが、清政府が公的に制定した記録はみられない。1929年、当時の中華民国政府は国花を梅と定めた。中華民国政府が台湾に去った後、公式の国花は定められていなかった。中華人民共和国政府は近年、新しく国花を制定する協議を行い、牡丹、蓮、菊、梅、蘭などの候補が挙げられたが、決定に至らなかった。

ウイキペデイアより



1.
c0236843_20354215.jpg











2.
c0236843_2036431.jpg











3
c0236843_20382864.jpg











4.
c0236843_20392320.jpg










場所 小石川後楽園

撮影日 2012(平成24年)4月30日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-14 19:00 |

新緑の庭園--六義園にて





1.
c0236843_20285357.jpg












2.
c0236843_20294273.jpg











3.
c0236843_20303035.jpg











4.
c0236843_20311689.jpg














5.
c0236843_20315695.jpg










6.
c0236843_20324854.jpg










場所 特別名勝 六義園

撮影日 2012(平成24年)4月30日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm




六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。元禄8年 (1695) に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させた。

「六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来する[1]。六義園は自らも和歌に造詣が深かった柳沢が、この「六義」を『古今和歌集』にある和歌が詠うままに庭園として再現しようとしたもので、その設計は柳沢本人によるものと伝えられている。

元禄15年 (1702) に庭園と下屋敷が一通り完成すると、以後将軍綱吉のお成りが頻繁に行われるようになる。その回数は記録されているものだけでも実に58回もあり、吉保の寵臣ぶりもさることながら、この庭園自体が当時にあっても天下一品のものと評価されていたことが窺える[2]。

柳沢家は次の吉里の代に甲府から大和郡山に転封となるが、六義園は柳沢家の下屋敷として幕末まで使用された。時代が下るにつれ徐々に荒れはしたものの、江戸を襲った度々の火災で類焼することもなく明治を迎えた。

明治の初年には三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が六義園を購入、維新後荒れたままになっていた庭園に整備が施され、このとき周囲が今日見る赤煉瓦の塀で囲まれた。その後は関東大震災による被害もほとんど受けず、昭和13年 (1938) には東京市に寄贈され、以後一般公開されるようになった(有料)。東京大空襲の被害を受けることもなく、造園時の面影を残したまま今日に生き延びた六義園は、昭和28年 (1953) に特別名勝に指定されている。

ウイキペデイアより
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-13 19:26 | 公園・庭園

六義園のつつじ---八重霧島






1.
c0236843_20592217.jpg









2.
c0236843_210173.jpg











3.
c0236843_2125290.jpg










場所 六義園

撮影日 2012(平成24年)4月30日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-12 18:30 |

ホソバオオアマナ--新宿御苑にて



新宿御苑では良く目につく花です。群生で咲いているので目立ちますからすぐ

分かると思います。




c0236843_203126.jpg








場所 新宿御苑

撮影日 2012(平成24年)4月29日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-11 18:26 | 新宿御苑の花

一八イチハツ)--新宿御苑にて


あやめに良く似ていますね。






1.
c0236843_19571164.jpg












2.
c0236843_1957498.jpg











場所 新宿御苑

撮影日 2014(平成24年)4月29日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm





アヤメ科の多年草。中国原産。高さ約30~60センチメートル。葉は剣形で淡緑色。五月頃花茎を出し、紫・白の花をつける。火災を防ぐという俗信から、時に藁屋根(わらやね)の棟に植えられる。コヤスグサ。[季]夏。《わら屋根や―咲いて橋の下/村上鬼城》

大辞林より
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-10 19:59 | 新宿御苑の花

カリンの花--新宿御苑にて


可愛らしい花ですね。



1.
c0236843_1845504.jpg










2.
c0236843_18462511.jpg











3.
c0236843_18465289.jpg











4.
c0236843_18472762.jpg











5.
c0236843_1848384.jpg










場所 新宿御苑

撮影日 2012(平成24年)4月29日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm 
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-09 18:30 | 新宿御苑の花

花咲く港公園



横浜の山下公園て花壇展がありました。どれも力作ぞろいでした。



花と港は良く合うものですね。




1.
c0236843_132536.jpg











2.
c0236843_13253734.jpg











3.
c0236843_13404251.jpg












4.
c0236843_13272567.jpg












5.
c0236843_1328918.jpg












6.
c0236843_1329381.jpg












7.
c0236843_13295597.jpg












8.
c0236843_13304725.jpg











場所 横浜 山下公園

撮影日 2012(平成24年)4月20日

撮影機材 撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.5-5.6
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-08 18:30 | 自然・風景

チュ-リップからの誘い


チュ-リップから誘われてみましょうか?

私などは、幼い時の思いでがわいてるくるのですが。

子供の頃のチュ-リップはこんなにいろんな種類はなかったてすね。





1.
c0236843_20402270.jpg










2.
c0236843_20413311.jpg











3.
c0236843_20415735.jpg










4.
c0236843_20422960.jpg















5.
c0236843_20431232.jpg










6.
c0236843_204347100.jpg










7.
c0236843_20442261.jpg










8.
c0236843_20451727.jpg










場所 横浜公園

撮影日 2012(平成24年)4月20日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.5-5.6
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-07 18:30 |

鎌倉の片隅に咲く花

鎌倉の街は、花に囲まれているといっても過言ではないですね。

今回は、こんなところにもというところの花を撮ってきました。

川と言えない程の川の片隅に咲いている。ユキヤナギ

横須賀線の踏切の片隅に咲いている、レンギョウ

なかなか、雰囲気があるものですね。




1.
c0236843_19372766.jpg











2.
c0236843_19393431.jpg










場所 鎌倉 

撮影日 2012(平成24年) 4月13日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.5-5.6
[PR]
by kunichan33 | 2012-05-06 18:30 | 鎌倉の花

思いのままに撮影散歩を楽しんでいます


by kunichan33
プロフィールを見る
画像一覧