人気ブログランキング |

牡丹の花---小石川後楽園にて




原産地は中国西北部。元は薬用として利用されていたが、盛唐期以降、牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好されるようになった。たとえば、『松窓雑録』によれば、玄宗の頃に初めて牡丹が愛でられるようになったものの、当時は「木芍薬」と呼ばれていたと記載される[1] 。また、隋の煬帝や初唐の則天武后が牡丹を愛でたという故事がある。ただし郭紹林はこれらの故事を慎重に検討し、虚構であると結論づけている[2]。 清代以降、1929年までは中国の国花であったとされることもあるが、清政府が公的に制定した記録はみられない。1929年、当時の中華民国政府は国花を梅と定めた。中華民国政府が台湾に去った後、公式の国花は定められていなかった。中華人民共和国政府は近年、新しく国花を制定する協議を行い、牡丹、蓮、菊、梅、蘭などの候補が挙げられたが、決定に至らなかった。

ウイキペデイアより



1.
c0236843_20354215.jpg











2.
c0236843_2036431.jpg











3
c0236843_20382864.jpg











4.
c0236843_20392320.jpg










場所 小石川後楽園

撮影日 2012(平成24年)4月30日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR VR 30-110mm
by kunichan33 | 2012-05-14 19:00 |

思いのままに撮影散歩を楽しんでいます


by kunichan33
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る