タグ:北鎌倉 浄智寺 ( 9 ) タグの人気記事

魅惑の紫陽花---北鎌倉 浄智寺にて




花は咲き様でかなり違った印象にり見えるものですね。光の陰影が、大きな要因になるでしょう。

この日は、光が丁度面白い効果をだ゛していました。

そんな、紫陽花をみてください。




1.
c0236843_2341463.jpg











2.
c0236843_23422371.jpg












3.
c0236843_23431723.jpg











4.
c0236843_2344120.jpg











5.
c0236843_23444140.jpg











6.
c0236843_23452937.jpg











7.
c0236843_23461514.jpg











8.
c0236843_2347050.jpg










場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)6月14日

撮影機材 OLYMPUS OM-D E-M5 +MZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3
[PR]
by kunichan33 | 2012-07-23 18:34 | ミラ-レスカメラ

北鎌倉 浄智寺の紫陽花  その1



ここ浄智寺の紫陽花は、明月院とは一味違う趣画ありますね。





1.
c0236843_2221825.jpg











2.
c0236843_2224335.jpg











3.
c0236843_2233038.jpg











4.
c0236843_2241347.jpg












5.
c0236843_2251150.jpg










6.
c0236843_2255258.jpg











7.
c0236843_2263439.jpg










場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)6月14日

撮影機材 OLYMPUS OM-D E-M5+MZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3
[PR]
by kunichan33 | 2012-07-22 18:30 | ミラ-レスカメラ

北鎌倉 初夏の紅葉---浄智寺にて



ここにも紅葉が、観られますね。

この時期の紅葉は、粋さえ感じるから不思議なものです。





1.
c0236843_19523164.jpg











2.
c0236843_19544898.jpg










場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)6月14日

撮影機材 OLYMPUS OM-D E-M5+MZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3
[PR]
by kunichan33 | 2012-07-21 18:30 | ミラ-レスカメラ

風情のある竹林---北鎌倉 浄智寺にて



私の好きな竹です。竹の種類も多いですが、やはり雰囲気のあるものが良い 

ですね。





1.
c0236843_20204736.jpg











2.
c0236843_2021991.jpg









場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)5月12日

撮影機材 Nikon D800+AF-S ED NIKKOR VR 105mm F2.8G MICRO
[PR]
by kunichan33 | 2012-06-23 18:30 | 自然・風景

小手毬が魅力的---浄智寺より

小手毬が魅力的




1.
c0236843_15383860.jpg











2.
c0236843_15385358.jpg











場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)5月12日

撮影機材 Nikon D800+AF-S ED NIKKOR VR 105mm F2.8G MICRO




コデマリ(小手毬、学名:Spiraea cantoniensis)とは、バラ科シモツケ属の落葉低木。別名、スズカケ。中国(中南部)原産で、日本では帰化植物

落葉低木で、高さは1.5mになる。枝は細く、先は枝垂れる。葉は互生し、葉先は鋭頭で、形はひし状狭卵形になる。春に白の小花を集団で咲かせる。この集団は小さな手毬のように見え、これが名前の由来となっている。日本では、よく庭木として植えられている

ウイキペデイアより
[PR]
by kunichan33 | 2012-06-21 18:35 | 鎌倉の花

北鎌倉 浄智寺の春景


こんな浄智寺の紹介もあって良いかなというものですが---



1.
c0236843_2055359.jpg










2.

c0236843_20201318.jpg










3.
c0236843_2073033.jpg










4.
c0236843_2083254.jpg












5.
c0236843_2093292.jpg












6.
c0236843_20101951.jpg












場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)5月12日

撮影機材 Nikon D800+AF-S ED NIKKOR VR 105mm F2.8G MICRO




浄智寺(じょうちじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内(やまのうち)にある禅宗の寺院で、臨済宗円覚寺派に属する。鎌倉五山第4位。山号を金峰山(きんぽうざん)と称する。本尊は阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の三世仏で、それぞれ過去・現在・未来を象徴する。境内は「浄智寺境内」として国の史跡に指定されている。


鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の3男である北条宗政(1253~1281)の菩提を弔うために、弘安6年(1283年)に創建された。開基は宗政の子北条師時としたが、当時師時は8歳であり、実際には宗政の夫人と兄北条時宗の創建である。 開山は日本人僧の南州宏海が招かれるが、宏海は尊敬する宋出身の高僧兀庵普寧(ごったんふねい)と導師の大休正念を開山にして自身は準開山になる。なお兀庵普寧は文永2年(1265年)に中国に帰国し、浄智寺開山の7年前に没している。

その後、高峰顕日や夢窓疎石らの名僧が住持し、最盛期には七堂伽藍を備え、塔頭(たっちゅう)も11寺院に達した。元亨3年(1323年)年の北条貞時13年忌には浄智寺からの参加僧衆は224人に達したと記録にあり、当時浄智寺の総人員は僧侶以外も加えると500人ほどに及んだとみられる。発掘調査では谷戸のずっと奧、天柱峠のすぐ下あたりまで人の手の加わった跡があり、おそらくは現在の円覚寺の規模に近いものがあったと思われる。

鎌倉幕府滅亡後も寺勢は衰えず、延文元年(1356年)には火災で創建時の伽藍を失うが、室町時代にもまだかなり大きな寺で、上杉禅秀の乱のあとの応永24年(1417年)に足利持氏が鎌倉に戻ったとき、まず浄智寺に入り2ヶ月以上滞在した。また持氏の子永寿王(後の足利成氏)が宝徳元年(1449年)に鎌倉に入ったときも浄智寺に滞在したなども浄智寺の規模の大きさを示している。

しかし、15世紀半ばころから都市鎌倉そのものの衰亡と足並みをそろえて徐々に荒廃し、なお江戸時代末まで塔頭8院を維持したが、大正12年(1923年)の関東大震災でその大部分が倒壊し、今日の伽藍は概ね昭和になってから復興された。

ウイキペデイアより
[PR]
by kunichan33 | 2012-06-20 18:30 | 鎌倉慕情

白雲木(はくうんぼく)--北鎌倉 浄智寺にて


今年念願の白雲木ようやく撮影することが出来ました。しかし、この花は開花してから約1週間位しか

咲きません。今回もぎりぎりセ-フというところでしょうか。





c0236843_1617582.jpg

今回はトリミングをしています。







場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)5月12日

撮影機材 Nikon D800+AF-S ED NIKKOR VR 105mm F2.8G MICRO


エゴノキ科の落葉高木。山地に生え、葉は大きく円形で裏面が白い。5、6月ごろ、多数の白い花が総状につき、垂れて咲く。花びらは深く五つに裂けている。庭木にする。おおばぢしゃ。
[PR]
by kunichan33 | 2012-06-19 18:30 | 鎌倉の花

北鎌倉 浄智寺のミツマタ(三椏)



浄智寺の三椏は、私の知っている中では花の大きさや規模的にも魅力がありますね。

しかし、よくよくみると何となく愛嬌のある花ですね。





1.
c0236843_20382615.jpg










2.
c0236843_20393165.jpg








赤い三椏
3.
c0236843_20402543.jpg









4.
c0236843_20415640.jpg









場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)3月22日

撮影機材 Nikon1v1+1nikkor 10mm F2.8
[PR]
by kunichan33 | 2012-04-10 06:32 | 鎌倉の花

 ワビスケ(侘助)---ウラクツハキ(有楽椿)



ワビスケは椿と茶の木の雑種の園芸種です。椿と違うところは花がラッパ状に咲き8分程度しか開かずに、椿のようにポトッと花が散ってしまいます。ワビスケは昔から千利休などの茶人が愛した花、侘び、寂びの奥ゆかしさの世界です。
ワビスケはつばきの一種ですが、その定義は、ウラクツバキ(「タロウカジャ」=「ウラク」)から生まれたものであること(ウラクツバキの子、あるいは子孫)で葯(やく・雄しべの先端の花粉を作る器官)が退化して花粉を作らないことが条件です。
外見だけではワビスケということがわからない場合があるようです。また、「侘助」という名の由来もいろいろな諸説があるようです。








c0236843_202363.jpg









c0236843_2033222.jpg









場所 北鎌倉 浄智寺

撮影日 2012(平成24年)3月23日

撮影機材 Nikon1V1+1NIKKOR 30-110mm VR F3.5-5.6
[PR]
by kunichan33 | 2012-04-09 18:00 | 鎌倉の花

思いのままに撮影散歩を楽しんでいます


by kunichan33
プロフィールを見る
画像一覧